コンテンツへスキップ

2月26日(日) 西部緑地動物霊苑にて祥月月忌法要が行われました

     

    祥月月忌法要における新型コロナウイルス対策と致しまして、

     

    ・消毒液設置
    ・サーモグラフィーカメラでの検温
    ・納骨堂1階・2階でお焼香台設置
    ・納骨堂内の出入り口、非常口の常時開放

     

     

    上記の対策を行い、皆様に安心してお参り頂けるように致しました。

     

     

     

     

    YouTubeにて、法話の様子も公開しておりますのでご覧ください。

     

     

     

     

    ⇓ こんな法話をいただきました ⇓

     

     

    はい、ようお参りいただきました。

     

    2月の第4週目の祥月月忌法要でございます。

    今日は、ちょっとなごり雪という形で

    少しまだ寒い日が続いておりますけれども、

    もうすぐ春も間近という事で、

    これから暖かくなっていくかと思います。

     

    2月は私たち仏教徒、特に寺院関係は

    ほぼほぼやっているかと思いますけれども、

    お釈迦様が涅槃に入られた月となっております。

     

    2/15にお釈迦様は涅槃に入られた

    という事で、『涅槃会』を2/15または、

    来月の3/15にされるという事でございますが、

    涅槃の月という事になっております。

     

    お釈迦様は生涯を通して、私たちに

    生活の知恵であったり、

    人生の糧であったりする仏教の教えを

    広めた訳でございまして、

    涅槃に入る寸前に私たちに

    この様な言葉を残していかれました。

     

    沢山、いろいろな言葉を残しておりますが、

    この様な言葉を残していかれました。

     

    「この世は美しい。人の命も甘美なものよ」

    という風に、

    お釈迦様は私たちにこの様な言葉を

    残されているという事でございます。

     

    お釈迦様は人生を通して、

    “人生は苦である”

    という事を認識されたんですね。

    色々なご修行を通して、“人生は苦である”

    という事を認識されたお釈迦様は、

    亡くなる寸前には、この様な美しい言葉を

    残されて逝かれたという事でございます。

     

    また、最近、ちょっと悟った様な人を、私、

    見受けまして、知りまして、最近悟った人…

    人というか、あるアニメのキャラクターなんですけど、

    (これは悟っなという風に私、

    そのアニメ観たんですけども…)

     

    『鬼滅の刃』というアニメがございまして、

    知っていますか?

     

    かなり有名なんで、映画化もしたりしていますが、

    『鬼滅の刃』のキャラクターで、

    煉獄杏寿郎というキャラクターがおりまして、

    映画を観に行った方は

    印象があるかと思いますけども、

    映画の最後の20分くらいの所で、

    ある鬼と戦って、この言葉を発した

    という事でございます。

     

    その煉獄杏寿郎とうキャラクターが

    発した言葉にこの様な言葉があります。

    「老いる事も、死ぬ事も、人間という

    儚い美しさだ。

    老いるからこそ、死ぬからこそ、

    儚く愛おしいと思う」

    と、この様な言葉を発した訳でございます。

    私、それを聞いて「あ、悟ったな」と

    感じた訳でございます。

     

    お釈迦様が言った、

    “この世は美しい”というのは、

    どういう事かと言いますと、

    四季折々見てますと、どうですかね?

     

    今日なんて、こう薄っすらと

    雪が積もっていると、「綺麗だな」と

    思われる方、いらっしゃると思います。

    また、春先になったら、今度桜が咲いたり、

    花が咲き乱れたりしたり、

    また、夏になりましたら、海なんて行って、

    水平線がキラキラしているのを見ていますと、

    「美しいな」「綺麗だな」と、こう気持ちが

    和んだりするかと思うんですけども、

    これは、常に変化をしているからという事ですね。

     

    お釈迦様が言った、諸行無常という事です。

    もう二度と還らないこの風景だからこそ、

    美しいな、と思えるという事ですね。

    お釈迦様はその事を「この世は美しい」と。

    二度と還らない様なこの風景に出会えて、

    ありがたい、そして美しく感じた

    という事でございます。

     

    そして、「人の命は甘美なものよ」と

    お釈迦様は言ったのですが、

    『鬼滅の刃』の煉獄杏寿郎も

    「人の命は儚く美しい」という風に言ったのも、

    ちょっと似ている所があるかと思いまして…

    私たちは誰一人なく、死んでゆく存在なんです。

    必ず死がまいって来るんですね、私たちには。

    だからこそ、命を大切にして、

    二度と送る事の無い、一人ひとりの人生を

    大切に生きなさい、という事を

    お釈迦様は仰って、

    煉獄杏寿郎の言葉にもその意味が

    込められているのではなかろうかな、

    と思いまして、

    今日はお釈迦様の涅槃にちなんで

    お話しをさせていただきました。

     

    みなさんも、これから暖かくなって、

    過ごしやすくもなってまいります。

    なによりも健康が第一だと思っております。

    健康でなくなると、なかなか

    自分の思うようにいかないと思います。

     

    二ユースなんて見ていますと、

    暗い事ばかり続いておりますが、

    体調管理に気を付けて、

    身近な所で楽しさを感じていただくのも

    一つの方法かと思います。

     

    また来月になりましたら、

    お彼岸が入ってまいります。

    お彼岸の期間中、

    皆さま方の愛しくて病まない動物たちに

    元気な姿を見せてあげて下さい。

     

    今日は、どうもありがとうございました。

    ようお参りいただきました。

     

     

    【担当:卜部】

     

     

    《次回の法要の日程をお確かめください》

    法要行事

    当社は北陸地域の金沢市、小松市、福井市、鯖江市の計8ケ所に店舗があり、石川は加賀・福井は敦賀と全域で、ペット犬、猫、及び他動物のペット葬儀、ペット火葬、納骨、動物霊園運営を行っております
    葬儀式場(セレモニー)や火葬場、動物霊園・ペット霊園の事前見学やご相談など致しておりますので、お気軽にご相談ください

     

    ペット愛葬社
    石川県金沢市古府西1-1 西部緑地動物霊苑 076-267-7788
    石川県金沢市寺町5-6-10 金沢寺町動物霊苑 076-241-1055
    石川県小松市長崎町4-118 小松ペット霊園 0761-24-1059
    石川県金沢市高坂町ホ-13-1 セレモニープラザ森本(火葬場) 076-257-6732
    福井県福井市堂島町110番地 福井動物霊苑 0776-54-5073
    福井県福井市田ノ谷町21-4 大安寺動物霊苑 0776-59-1760
    福井県鯖江市新横江1-816サンドーム北動物霊苑 0778-54-0005
    福井県あわら市権世 セレモニープラザ(火葬場) 0776-74-1182