コンテンツへスキップ

7月24日(日) 西部緑地動物霊苑にて祥月月忌法要が行われました

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    祥月月忌法要における新型コロナウイルス対策と致しまして、

    ・消毒液設置
    ・サーモグラフィーカメラでの検温
    ・納骨堂1階・2階でお焼香台設置
    ・納骨堂内の出入り口、非常口の常時開放

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    上記の対策を行い、またスタッフのフェイスシールド装着を徹底することにより、
    皆様に安心してお参り頂けるように致しました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    YouTubeにて、法話の様子も公開しておりますのでご覧ください。

     

     

     

     

     

     

     

     

    ⇓ こんな法話をいただきました ⇓

    皆さま、ようお参りいただきました。

     

    第4日曜日の祥月月忌法要を行って
    きた訳でございます。

     

    今月は新盆地域の方はお盆が終わられた
    頃かと思います。
    また、来月は旧盆地域の方々が
    お盆を迎えるという事で、
    ちょうど新盆・旧盆の間を縫っての
    祥月月忌法要がこうして執り行われて
    きたかと思います。

     

    旧盆地域、
    私のお寺は寺町寺院群にありますので、
    当然ながら新盆を行ってきた訳ですが、
    沢山の動物たちの供養という事で、
    家族一同で連日納骨堂に足を運んで
    いただいて、
    手を合わせる姿が見受けられました。

     

    沢山の愛情をいただいている
    ワンちゃん、猫ちゃんたち。
    幸せにまた浄土の世界に旅立って戻って
    行かれたのではなかろうかな、と
    この様に歓心している所でございます。

     

    さて、お盆になりますと、
    亡きご先祖様や動物たちがお盆の時期に
    戻って来られるという事を信じて、
    お供え物をしたり、
    迎える準備をされるかと思います。

     

    この沢山の命が連鎖して繋がってくるからこそ、
    私たちもこうしてご先祖様や動物たちに
    ご冥福を祈る事が出来る。
    また、それは人間としての使命ではないかと。

     

    お盆とは、
    国民的な行事みたいなモンですよね。
    特に8月は…
    金沢は新盆・旧盆とありますけども、
    西日本になってきますと、
    お盆休みに皆さん帰省してお墓参りをする
    というのが国民行事ですね。

    また、ここで自分たちの命の尊さや命の事を
    ふと考える期間ではなかろうかな、と
    この様に思って居ります。

     

    色々、新盆・旧盆の前に、
    知床の遊覧船の事件が4月にありまして…
    一瞬のうちに沢山の方々が尊い命を亡くされた。
    楽しかった旅行が一瞬のうちに奪われてしまう。

     

    遺族の方に言わせますと
    「数分前までLINEでやり取りしていた
    んです。それが一瞬なんです。」という風に、
    残念な気持ちで取材に答えておられました。

     

    本当、一瞬なんですね。
    命ってわかりません。

     

    また、安倍晋三元首相がああいう形で
    銃撃されて、一瞬のうちに命を奪われて
    しまうという事がございました。

     

    一昨日、愛犬の供養に来られた方がその話を
    してくれたのですが…
    安倍さん残念だった。可哀想だった。
    安倍さんの所にも愛犬が居たはずなんですよ。
    愛犬と一緒に写っているSNSを見たんですね。

     

    ウチの主人が病気で亡くなった時、
    ウチの愛犬が主人が帰って来るかと思って
    ずっと玄関の所で座って居るんです。

     

    あれを考えますと、銃撃されて、
    たぶんその朝まで奥様や愛犬たちに見守られ
    て演説会場へ行かれたのではなかろうか。
    それが一瞬のうちに、
    もう帰って来ない存在になったという所で、
    そういうお話をしていただいた方もいます。

     

    人間の命ってわかりません。
    当たり前のように過ごしてしまうんですね、
    どうしても。

     

    「日本は平和ボケだ」
    という声も良く聞かれる訳でございますが…
    どうですかね?

     

    「明日死ぬよ、俺」って、
    「私、死ぬかも」って、
    生活している人、居られますかね?

     

    「明日死ぬよ、私」
    「もしかしたら、今日帰り死ぬかも知れない」
    って生きて居られる方、日本に居られる方は
    ほとんどそういう感覚は無いでしょう。

     

    が、しかし、
    天寿を全うして人生を終えるのと、
    また、途中で他人から命を奪われる、
    または事故等々で命を奪われる、
    全く命の重さ違ってきますよね。
    残念でなりません。
    何時私たちに降りかかるかもわかりません。

     

    この事を考えますと、
    やはり新盆・旧盆というお盆の時期に
    自分たちの命の大切さや、
    また他人への思いやりという事を忘れずに
    供養したいな、とこの様に思っている訳で
    ございます。

     

    皆さま方のワンちゃんや猫ちゃん、
    小動物たち、皆さま方の
    かけがえの無い命でございます。

     

    その命、如何ですかね?
    姿形が無くなっても、いつまでも
    心の中に生き続けてる存在かと思います。
    それがあるからこそ、こうして
    手を合わせずには居られないという事で、
    沢山の方々が此処へ来て
    手を合わせていただいて居ります。

     

    さて、来月は旧盆がやってまいります。
    旧盆の時には動物たちに温かいお気持ちで
    手を合わせていただいて、
    そしてご先祖様にも感謝の気持ちで
    手を合わせていただく。

     

    そして、自分たちの命の在り方や
    他人の幸せを考えながら、
    また一つのそういう風なお盆の時期に
    していただいたらな、と
    この様に思って居ります。

     

    今日は、ようお参りいただきました。
    ありがとうございました。

     

    まだ暑い日が続きます。
    久しぶりの制限の無いコロナ禍の夏休み。
    沢山の方々が色んな所へ出掛ける機会も
    多かろうと思います。

     

    感染状況も
    だんだん悪くなってきておりますが、
    どうぞお身体に気を付けて。
    また来月、こちらへ来ていただければ、
    と思っております。

     

    ようお参りいただきました。
    ありがとうございました。

     

    《次回の法要の日程をお確かめください》

    法要行事

    当社は北陸地域の金沢市、小松市、福井市、鯖江市の計8ケ所に店舗があり 石川は加賀・福井は敦賀と全域で、
    ペット犬、猫、及び他動物のペット葬儀、ペット火葬 、納骨、動物霊園運営を行っております
    葬儀式場(セレモニー)や火葬場、動物霊園・ペット霊園の事前見学やご相談など致しておりますので、お気軽にご相談ください

     

    ペット愛葬社
    石川県金沢市古府西1-1 西部緑地動物霊苑 076-267-7788
    石川県金沢市寺町5-6-10 金沢寺町動物霊苑 076-241-1055
    石川県小松市長崎町4-118 小松ペット霊園 0761-24-1059
    石川県金沢市高坂町ホ-13-1 セレモニープラザ森本(火葬場) 076-257-6732
    福井県福井市堂島町110番地 福井動物霊苑 0776-54-5073
    福井県福井市田ノ谷町21-4 大安寺動物霊苑 0776-59-1760
    福井県鯖江市新横江1-816サンドーム北動物霊苑 0778-54-0005
    福井県あわら市権世 セレモニープラザ(火葬場) 0776-74-1182