コンテンツへスキップ

6月26日(日) 西部緑地動物霊苑にて祥月月忌法要が行われました


     
    祥月月忌法要における新型コロナウイルス対策と致しまして、
     
    ・消毒液設置
    ・サーモグラフィーカメラでの検温
    ・納骨堂1階・2階でお焼香台設置
    ・納骨堂内の出入り口、非常口の常時開放
     

     

    上記の対策を行い、またスタッフのフェイスシールド装着を徹底することにより、皆様に安心してお参り頂けるように致しました。

     

        

     
     

    YouTubeにて、法話の様子も公開しておりますのでご覧ください。

     

     

    ⇓ こんな法話をいただきました ⇓


    皆さま、ようお参りいただきました。
     
    連日暑い日が続いております。
    お身体、如何ですかね?
    暑い日中に来られて、こうしてマスクを
    しての参拝でございます。
    お身体の方、充分お気を付けてお参り下さいませ。
     
    この間、お寺の方でお参りに来られた方、
    折角来たんだからと
    長めに法事や法話を入れてますと、
    お年寄りの方が熱中症近くなりまして
    「これはちょっと考えものだ」なと。
     
    お経は長い方が有難いんだと云う風に
    定着してますので、私も充分承知して
    「短いとマズイかな」と、
    敢えて長くしますと、逆に
    「もう勘弁して」と汗だくで
    本堂の中に居られる方もいて
    「これは考えものだな」と。
     
    最近の暑さは尋常ではございませんのでね。
    暑い日はなるべく端的に…かと言って
    手を抜く訳ではございませんが、
    「端的に皆さまと共に供養できたらな」
    とこの様に思って居る訳でございます。
     
    さて、暑い暑い日が続いておりますが、
    先日も能登の方で大きな地震がありました。
    この中にも能登地区で被災された方も、
    もしかしたら家族の中に居られるかと思います。
    お察し申し上げます。
    また連日暑い中、
    復旧作業行っているかと思います。
    早く無事に収束になっていただけたらと
    思っています。
     
    もう本当に、1年近くしょっちゅう
    揺れてた地域なので…
    逆に頻繁に揺れてるから
    「もう大きいの来ないのかな」
    と言う人が居たり、頻繁に揺れてるから
    「今に来るぞ」と言う人が居たり。
     
    色々、様々な考えで身を構えて備えていた
    訳なんでしょうけど、
    観光名所である見附島が崩落するくらい
    大きな地震が来た訳でございます。
    早く地震が収束して、
    普段の生活に戻っていただけたらな、
    とこの様に思って居る訳でございます。
     
    さて、6月の終わりには…
    先程から言ってます、
    暑い暑いと言っていた通りでございます。
    今日ももの凄い暑い中で、
    こうして集まっていただいて居ります。
     
    最近、梅雨らしい梅雨が来ないですね。
    どうですか?
    もうここ数年ずっとこんな感じですね。
    暑いか、いきなり凄い豪雨の様な雨が降って、
    南国の、東南アジアのスコールの様な
    梅雨になっておる訳でございます。
     
    昔は、1週間くらいしとしとジメジメが
    ずーと続いていて、
    ジメジメした梅雨であったんですが、
    ここ最近はこんな感じでザ―っと降って、
    カンカン照りなんでね、
    梅雨らしい梅雨でもない中での過ごし方を
    しているかと思います。
     
    私のお寺にも小さな庭がございますが、
    毎年梅雨になると紫陽花が咲いていたんです。
    ここ数年紫陽花が咲かなくなってしまいましてね。
    梅雨らしい梅雨がないからなのか、
    もしくはあまりの暑さで花が咲かなくなっているのか、
    最近、家では紫陽花見なくなったな…と
    今日もふと思った訳なんです。
     
    紫陽花の花も、
    結構知っている通りでございます。
    赤や紫や青や…
    紫陽花の花って色々な色をしておりますが、
    白い紫陽花が咲いているのがあったんです。
     
    白い紫陽花なんてあるのかなと私びっくり
    したんですが、見た事ありますか?
    紫陽花は確か、咲いている土壌が
    アルカリ性が強い所だと赤色に、
    酸性が強いと青色や紫色になると記憶しております。
     
    その様に紫陽花の花も、
    色とりどりという訳ではございませんが、
    その土壌に合った色彩の中で私たちを
    和ませてくれている所でございます。
     
    私たちも如何ですかね。
    「暑い暑い」と言いながらもこうして、
    私たちが住んでいる場所で、
    こうして私たちが生活している所で、
    そこで目にする物というのは色々な物が
    ありますよね。
    梅雨のじめじめしている中でも紫陽花を
    見ると和んでくるのと同じでございます。
     
    例えばこれから夏になってきて、
    暑いカンカン照りの夏になってきて、
    海の青さを見るとほっと和むのも
    その道理でございます。
     
    知らず知らずから自然から色々な恵みを
    いただいている訳でございます。
     
    この様な事を考えますと、
    私たちは一人ひとりがやはり彩りをまた、
    四季の感じ方を考えていただいて、
    生活の一つに「和み」いう物を
    心の中に持っていただいたらな、
    と思っております。
     
    「和み」ね。
    ここ数年、和んでないですね。
    コロナがあって、マスクして、
    なかなか和む状況ではございませんでした。
     
    また、世界情勢なんて見ますと、
    ウクライナの方で戦争があったり、
    あんまり和んでいる様な雰囲気では
    無いんですが…
    こうして一つひとつ身近な所で「和み」
    というものを感じ取っていただいて、
    日々の生活に結び付けていただいたらな、
    とこの様に思って居ります。
    と言うのも、
    此処に来られた方の一番の和みだった事、
    あったはずでございます。
     
    何ですか?此処に来られた方の一番の和み。
    それは動物たちのふれあいだったと思います。
    皆さん方も家族との和み、ふれあい、
    如何でしたか?
    何よりも代えがたいものだと思います。
    沢山いただいてきたはずなんですね、
    動物たちから。
    だらかこそ、亡くなった後も此処で
    自然に手を合わせる事ができるんです。
     
    いただいた沢山の和んだ気持ち、
    いただいた優しいお気持ち、
    沢山、沢山皆さま方が心の中にあるので、
    こうして手を合わせる事ができるんです。
    その動物たちからいただいた和みという
    モノを大切に仕舞っていただいたらな、と
    この様に思って居ります。
     
    来月には新盆、また8月、再来月は
    旧盆という風にお盆の時期になってきます。
     
    また沢山の方々がお盆の期間中、
    此処へ来て家族一同で動物たちの供養を
    されるかと思います。
    どうぞ、また来てあげて下さい。
     
    今日はどうもありがとうございました。
    お身体お気を付け下さい。
     
     

    《次回の法要の日程をお確かめください》

    法要行事


    当社は北陸地域の金沢市、小松市、福井市、鯖江市の計8ケ所に店舗があり 石川は加賀・福井は敦賀と全域で、
    ペット犬、猫、及び他動物の葬儀、火葬、納骨、動物霊園運営を行っております
    葬儀式場(セレモニー)や火葬場、動物霊園の事前見学やご相談など致しておりますので、ご気軽にご相談ください
     
    ペット愛葬社
    石川県金沢市古府西1-1 西部緑地動物霊苑 076-267-7788
    石川県金沢市寺町5-6-10 金沢寺町動物霊苑 076-241-1055
    石川県小松市長崎町4-118 小松ペット霊園 0761-24-1059
    石川県金沢市高坂町ホ-13-1 セレモニープラザ森本(火葬場) 076-257-6732
    福井県福井市堂島町110番地 福井動物霊苑 0776-54-5073
    福井県福井市田ノ谷町21-4 大安寺動物霊苑 0776-59-1760
    福井県鯖江市新横江1-816サンドーム北動物霊苑 0778-54-0005
    福井県あわら市権世 セレモニープラザ(火葬場) 0776-74-1182